MHFのひっそり狩猟日記-弓処-

弓好きがひっそりとブログを書いてみる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
カム・オルガロン原種
【カム・オルガロン原種】(上位)

[画像準備中]

弾肉質&属性:
[通常]
        火  水  雷  龍  氷
頭  20  10  30  10  00  00
背中 30  05  20  10  00  00
胴  20  05  10  10  00  00
脚  20  05  30  10  00  00
尻尾 30  10  10  10  00  00

[怒り時]
        火  水  雷  龍  氷
頭  30  15  30  10  00  00
背中 40   05  00  10  00  00
胴  25  20  10  10  00  00
脚  25   05  40  10  00  00
尻尾 30  15  20  10  00  00


適性:連射△ 拡散○ 貫通△

●オススメの弓
「下位」
連射:-
拡散:-
貫通:-

「上位」
連射:-
拡散:ドン・ミサイル/青鳥幣弓
貫通:-

「凄腕」
連射:-
拡散:ドドンガ・イクリプス(ドドン・クレセント)/水拡散SPⅦ/真舞雷弓【翔鶴】
貫通:-


●備考:
突進がとにかく鬼畜なオルガロン夫妻の殿方。
割と落ち着いた攻撃の多いノノに対して、カムはかなり攻撃的なパターンが多い。
攻撃パターンの違い、体力がカム>ノノ、という以外は同じ。

オルガロン系の特徴として、
・閃光を当てると強制で怒り。
・ランダムボールを当てると怒りを解除出来る。→その際落し物を何度でも。
・2頭同時の場合は片方を罠にかけるともう片方が飛んでくるので捕獲時は注意。
・単体クエでも討伐すると相方がクリア後降ってきて1発咆哮をして去る。


突進あたりに対しての対処、考え方はノノと同じなのでここでは略。

カムに関しては、
とにかくノノよりも攻撃方法が多彩で、その威力も大きいものが多い。

拡散で行く場合に関して気をつけたい攻撃パターンは
 ・その場頭突き
 ・ステップ&頭突き
 ・飛び掛り
 ・空中棘飛ばし
 (・咆哮(ダメ無し)&暴れ)
 (・反転ジャンプx2)

逆にチャンスとなりやすいパターンが
 ・左右猫パンチ&頭突き
 ・ブレス

特に頭突きに関しては慣れないとかなり怖い行動になるハズ。
この際とても心強いのが「回避性能」。
判定自体はおそらく一瞬なので無くても避けられない事はないものの、
やはり+1でもあった方が心理的にも安心、事故も減る。
ノノとは違い、回避性能の恩恵はかなり大きくなるので出来るだけ発動させたい。

また、地味に怒り突入時は矢が跳ね返ってくる為、
 怒り突入→間に合わず撃ってしまう→跳ね返って怯む→押しっぱなしで再番え→回避間に合わずアボン
と、こんなコンボがなかなか起きやすい。
「あ」と思ったら撃つのを止めるか、
間に合わなくても冷静にボタンを離しておき回避or距離を取っておきたい。
咆哮の判定範囲は割りと狭い。


ダメージ蓄積、部位破壊、罠後、麻痺後は怒り&咆哮確定。
怒り中でも部位破壊をすると咆哮 ⇒怒り時間もそこからまたカウント(80秒)


●攻略:
やはりノノと同じく、強いてあげるなら拡散弓による突進制限。

立ち回りとしては左右猫パンチを避ける必要のない左回りが個人的には○。
しかし猫パンチも少しでも距離があれば当たらないので
気にならない、という方はどちらでもほぼ一緒。

しっかり軸ずらしをしながら、かつ距離を離さないようにしていれば
怖い攻撃は頭突き、ステップ&頭突きくらいなので
慣れてしまえば1匹ならとても戦いやすくなるハズ。
とにかく集中するのは頭突きを避けること、それ一点。

また、軸ずらしが遅れた場合は
突進はもちろんの事、飛び掛りも怖いので注意したい。


また軸ずらしの程度として、
後ろ足に近い辺りまで避けているなら頭突きも当たらない。
ステップ&頭突きも、
遠ざかるようにステップした場合はそのまま攻撃チャンス。
近づくようにした場合も距離を見極めれば回避がいらない場合も。


ひたすら頭突きをされても泣かない焦らない怒らない。



⇒モンスター別記事の読み方(弓小話内のTOPへ飛びます)
スポンサーサイト
オルガロン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ノノ・オルガロン原種
【ノノ・オルガロン原種】(上位)

[画像準備中]

弾肉質&属性:
[通常]
        火  水  雷  龍  氷
頭  20  10  30  10  0  0  
背中 30   5  20  10  0  0
胴  20   5  10  10  0  0
脚  20   5  30  10  0  0
尻尾 30  10  10  10  0  0

[怒り時]
        火  水  雷  龍  氷
頭  30  15  30  10  0  0
背中 40   5   0  10  0  0
胴  25  20  10  10  0  0
脚  25   5  40  10  0  0
尻尾 30  15  20  10  0  0

適性:連射△ 拡散◎ 貫通△


●オススメの弓

「下位」
連射:-
拡散:-
貫通:-

「上位」
連射:-
拡散:ドン・ミサイル/蒼鳥幣弓
貫通:-

「凄腕」
連射:-
拡散:ドドンガ・イクリプス(ドドン・クレセント)/水拡散SPⅦ/真舞雷弓【翔鶴】
貫通:-


●備考:
突進がとにかく鬼畜なオルガロン夫妻の奥方。
攻撃的なカムに対してノノはそこまで脅威となる攻撃は少ない。
また、体力もノノの方が若干少ない。
それ以外は肉質から何から全て同じな似たもの夫婦の一。


オルガロン系の特徴として、
・閃光を当てると強制で怒り。
・ランダムボールを当てると怒りを解除出来る。→その際落し物を何度でも。
・2頭同時の場合は片方を罠にかけるともう片方が飛んでくるので捕獲時は注意。
・単体クエでも討伐すると相方がクリア後降ってきて1発咆哮をして去る。



やはりオルガロン系に弓で行く際に問題なのは突進。
ホーミングがとてもきついので
貫通、連射あたりを持っていく場合は間違いなく脅威。
怒り時の突進は防御が低いとごっそりもっていかれるのは必至で火事場では絶望的。

※ただし位置によってはほとんどホーミングしないパターンも有。
 確定で誘発がもしできるのなら…

余談ながら、
カム・ノノの怒り時の攻撃力倍率の上昇値は2.40倍。
怒り時が怖い敵の代表としてレウスが2.40倍(亜種2.50)。
ラージャンが2.20倍。
他モンスターはその大体が1.80倍以下が多い。
その倍率で回避の難しい突進をもっているのだから怖いことこの上ない。



問題なく付けられるなら回避性能+2もいい。
拡散ならノノにはそこまで必要という程でもないものの、
貫通・連射あたりでは何か工夫しない限りほぼ必須になると思われる。
不意に突進をされた場合回避性能がないとダイブでないとかなり厳しい。

ただ、回避+2が付いていても安定して避けられるとは言い難いので
できれば突進をさせない工夫をした方が無難。


他には
往復飛び掛りの帰ってくる時が意外と攻撃判定が広い&見誤り易いので
余裕をもって当たらない位置にいたい。

咆哮時のダメ判定を避けられるのであれば耳栓も不要。

ダメージ蓄積、部位破壊、罠後、麻痺後は怒り&咆哮確定。
怒り中でも部位破壊をすると咆哮 ⇒怒り時間もそこからまたカウント(80秒)


●攻略:
特にハメなどはないが、
強いて言うなら拡散弓による行動制限。

突進をほぼされず手数も増えるので良い。

ノノ単体と戦うのであれば特に問題もなく戦えるハズ。
ノーモーション突進はしてこないので正面を向かれていても
焦らずに距離を離さずに突進をさせないようにしたい。


不意に突進をされても拡散の距離で軸ずらしをしていれば当たらない。
距離を取られたときはすぐ武器をしまっておけば
回避性能も特に必要という程でもなくなる。
ノノに対しては回避性能はあったら便利、くらいに思っても良いかもしれません。

火事場で十分早く倒せるものの、
回避性能が発動する餓狼も使いこなせれば相性は悪くない。


とにかく手数をどれだけ増やせるか、HIT数を稼げるかが大事。
肉質は全体的にややのっぺりなので、個人的には
部位よりも矢を外さない事の方を意識した方が良いかなと。


ただ貫通や連射でも不可能という事ではないので
まだ知らないより良い戦法が眠っている…かもしれない。



⇒モンスター別記事の読み方(弓小話内のTOPへ飛びます)
オルガロン | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。