MHFのひっそり狩猟日記-弓処-

弓好きがひっそりとブログを書いてみる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
リオレイア亜種
【リオレイア亜種】(下位/上位)

[画像準備中]

弾肉質&属性:
        火  水  雷  龍  氷
頭  40   0  35  10  20  10
首  35   0  15  10  15   5
背中 30   10 20  10  20  10
腹  80   0  15  10  5   5
尻尾 20   0  15  5  20  5
翼  20   0  15  10  15  10
足  60   0  10  5   5   5


適性:連射◎ 拡散× 貫通△

●オススメの弓
「下位」
連射:パワーハンターボウⅡ
拡散:-
貫通:ハートショットボウⅡ

「上位」
連射:キャラバンボウⅤ/覇弓レラカムトルム/パワーハンターボウⅣ
拡散:-
貫通:牙狼弓【桜花】/ブロスホーンボウⅡ

「凄腕」
連射:シスネ=ダオラⅡ/幻雷弓【雷霆】/フルンブラッサム/キャラバンボウⅥ
拡散:-
貫通:鋼弓【岩通し】/ネブラハープ/オオバサミⅦ/天狼弓【村雨】


●備考:
亜種特有の行動速度UPが地味にいやらしい。

原種と違う点は
・怒り時の行動速度上昇
・毒のスリップダメージがやや高い
・全体的にやや弾肉質の悪化(足は上昇)
・弱点属性の変化
・やや体力が増えている

という辺り。

行動に関しては原種と同じと考えていいものの、
怒り時は行動速度が早いので突進などに気をつけたい。
特に正面にいる場合のノーモーション突進は避けておきたい所。


●攻略:
原種と同じく腹ハメ2種。

しかし行動速度上昇により、
貫通腹ハメに関しては少しリスクが高まる。

腹怯みを起こせば連射スキルが無くとも普通に間に合うが、
頭怯みを起こした場合は怒り時は少々怖い。
特に連射スキルが無い場合はタメ3が溜まった瞬間に撃つくらいでないと
突進をくらってしまう可能性がある。
連射スキルがあればそのリスクが減るので出来たら付けておきたい。

連射弓による腹ハメなら連射スキルがなくとも何も問題はない。
安定を求めるならやはり連射弓が一番安定する。




⇒モンスター別記事の読み方(弓小話内のTOPへ飛びます)
スポンサーサイト
リオレイア | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
リオレイア原種
【リオレイア原種】(下位/上位)

[画像準備中]

弾肉質&属性:
        火  水  雷  龍  氷
頭  50   0  15  20  35  15
首  40   0  10  15  20  10
背中 30  10  10  15  25  10
腹  90   0  5  20  10  5
尻尾 25   0  5  10  25  5
翼  25   0  10  15  20  10
足  50   0  5  10  5   5


適性:連射◎ 拡散× 貫通○

●オススメの弓
「下位」
連射:パワーハンターボウⅡ
拡散:-
貫通:-

「上位」
連射:キャラバンボウⅤ/覇弓レラカムトルム/パワーハンターボウⅣ
拡散:-
貫通:牙狼弓【桜花】/神龍弓【日蝕】/ブロスホーンボウⅡ

「凄腕」
連射:幻雷弓【雷霆】/シスネ=ダオラⅡ/キャラバンボウⅥ/シュバルツミステル
拡散:-
貫通:鋼弓【岩通し】/ネブラハープ/天狼弓【村雨】/オオバサミⅦ


●備考:
言わずと知れたMHの代表的モンスター。
リオ夫婦の奥方。

弓で気をつけるべき点は突進とブレス。
PTの場合は剣士を狙った尻尾回転にも一応注意。


突進はホーミング性はほとんど無い為、
軸ずらしをしながら戦えばくらう事は少ない。

レイアの振り向きが早ければ弓ならほぼ突進がくる。
ただし正面にいる時は軸合わせをせずに即突進をする場合があるので注意。


ブレスは1発を遠距離まで飛ばすものと
中距離で地面にあたる3連ブレスがある。

3連ブレスはレイアから見て必ず正面→右→左と吐くので、
向かって右に避けた方が若干余裕がある。
地面に当たったブレスには当たり判定が残るので注意。
振り向きがゆっくりであればほぼブレスがくる。


●攻略:
レイアに弓ソロといえば有名すぎる腹ハメ2種。
火事場は大抵必須。
火力的に下位の内は厳しいかもしれない。


安全確実なのは連射で後ろから直接腹を狙うハメ。
怯み中は次の怯みが起きないので、
怯み終わり~振り向かれるまでのタイミングを見て撃つ。
多少なら尻尾寄り辺りも腹肉質。


多少リスクがあるものの、
連射の腹ハメよりも瓶消費が少ない&ラク(かも)なのが
レイア正面に立って頭→腹を通す貫通ハメ。

連射の場合は壁際になるととてもやりにくい反面、
貫通の場合は壁際になってしまっても微調整で続けられる。

ただし貫通の場合突進をくらうリスクがあるので
怯みが安定する火力が無いと向かないと言えるかもしれない。

また (脚腹脚) と部位が並んでいる為、
脚に当たらないようにしっかり狙う必要がある。

サイズが極端であったり地形の高低差がある場合は
射角を少し調整しないとうまく当たらない難点も有。



⇒モンスター別記事の読み方(弓小話内のTOPへ飛びます)
リオレイア | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。