MHFのひっそり狩猟日記-弓処-

弓好きがひっそりとブログを書いてみる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
まずは
小話記事です。


ちょっと弓について語ってみる。

基本的に、ダメージを受けずに戦う武器という認識。
よって火事場による火力UPが必然的に求められるのは間違いない。

とは言っても。

まだ慣れていない下位の内にムリして火事場る必要は全然ないですよね。
それは弓に慣れていない人もしかり。
ムリして火事場をしてもすぐに乙って戦線離脱では元も子もないわけで、
それなら多少くらっても沢山撃ったほうが強い!

非火事場状態で戦い、
「あれ?これ火事場でもいけそう」と思ったら使えば良いんじゃないかと。※求人はまた別ですが…
しばらく使ってたら必ずそんな日がきます。




細かく分ければ色々あるけども、自分が持っている総合力のイメージ↓
(ボウガンは色々と規格外な面があるので割愛

       【近接火事場>>弓火事場>近接通常>弓通常】

こう書いてしまうと近接火事場大勝利にしか見えないですが、やってみればわかる。
近接火事場はそれなりの腕…PSと言いましょうか、がないとコロッと乙ります。
その点、弓での火事場は遥かにラク。
なので弓を使う以上、
火事場を維持できる腕を磨こう!というのが弓の永遠の課題。

これは何も弓に限ったことではないですが、確
実に近接火事場よりは敷居は低いのでとっつきやすいハズです。
なのに時と場合によっては近接火事場をも上回る場面も多々あるのだから楽しいでしょう?

火事場を維持できるようになったら次はどう手数を増やすか!
どこまで貪欲に効率よくダメージを与えていくか!

 ほら、弓の奥深さを知った貴方は弓にハマってゆく…ゆく…ゆく…。。

そういえば昔良く聞いた質問。
今の自分だったらこう返します。
Q.弓は火事場って必須?
A.必須とは言わないけど、できるだけ火事場を発動・維持できるように精進していきたい武器。





基本的な弓の戦い方としては、

火事場をするなら  
     栄養剤G(体力最大値+20) ・ 大/小爆弾 ・ 敵の攻撃をくらう  
を使って出来るだけ早く発動。

モンスターによって戦い方はもちろん違いますが、
ほとんどの敵は
 左右に移動しながら溜める→射る→左右に移動しながら溜める→・・・で対応できます。

個別の立ち回りはモンスター別の記事に記載しますが、
この動き方さえつかめばかなり戦いやすくなります。

また敵がこちらを向いてから左右移動では手遅れor回避が必要になる場合も多いので、
こちらを向く動作をする前からタメ移動を開始したほうがいいです。

引き始めるタイミング・射るタイミングは場面によって様々なので
弓を色んな敵に使い、何度も死んで、このタイミングでこう動くと死ぬ
という経験を積むとソロでもPTでも致死率はかなり減ってくると思います。

個人的に思ってることですが、上手い人はソロで何度も何度も死んでると思います。
その敵が苦手・よくPTで死んでしまう、
なんて人はソロで敵の動きに慣れれば格段に死ににくくなるハズ。





細かい弓の仕様などについてはまた別の記事で書こうと思いますが、1つ。
こんな事を大々的に書いてしまったら受け入れづらくなる人もいるかもしれないんですが…
部位や肉質、属性などの
弱点情報を把握しておかなければ非常に弱い武器

これだけは真理。 これを書かなかったら怒られるレベルなので書いておく!
弓を強くするか弱くするかは貴方次第!
スポンサーサイト
弓という武器 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< え? | home | 入魂すべきか否か >>
コメント
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。