MHFのひっそり狩猟日記-弓処-

弓好きがひっそりとブログを書いてみる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
PT編
ソロとPTで、動きや考え方が大きく変わる弓。(まぁ他の武器もそうかもしれませんが…w
ここではそんな違いについて自分の考えを書いてみようという部分。
弓で出来るだけダメージを与えたい、貢献したいって人向けになると思いますので
そんな細かく考えなくてもいいや派の人には向かないと思われます…w

長文耐性があって、弓への情熱がある方だけお進みください。
また再三言ってますが、あくまで個人的解釈ですよ!よ!よろしくね…!


【PT】
実際PTでは書こうと思ったら書ききれないくらいですが、その中でもこれだけはという部分を…。

まず、PTで弓の威力を最大限引き出したいのであればホストについての知識は必須。
PTで弓が本来の力を発揮できない1番の理由はコレ。

ひとまずホストになる条件はこんな感じだったハズ。(ちょっと怪しいので過信は禁物

[クエ貼り主関係なし]
・敵が既にいるエリアに1番に侵入。
・ホストがエリア移動すると、入った順にホスト交代。 ←怪

[クエ貼り主関係あり]
・自分達がいるエリアに後から敵が来る場合、ホストは貼り主になる。
・クエ開始時、敵のいるエリアスタートが複数いた場合優先順位が貼り主→クエ参加順
・↑ではホストがエリア移動した場合、エリア進入順は関係なくクエ参加順にホスト移動。


ごめんなさいあんまり自信ないけど多分こんな感じだったハズです…w

自分がホストになっている時は、立ち回りを除けばソロと変わりなくやって大丈夫です。 が、
問題は非ホスト時。

非ホストだとホスト画面よりもおそらく0.2~0.4秒…?ほど遅れた画面を見てることになります。
以降勝手に「ホストラグ」と呼びます。
弱点をピンポイントで射る事でダメージを引き出す弓にとっては致命的なラグ。
自分の画面では弱点に当たってるのに、ホスト画面では全然違う部分、
下手したら当たってないなんて事が起こります。



この問題への対処としては…
1.ホストを何が何でもとる
2.時間差を予測して早めに射る。

が実行できれば弓の威力はほぼ引き出せます。
ただし、PTでホストというのは重要な部分ですので、
スタンをとりたい人や他の人が主力になる場面で
 無理矢理取ると本末転倒になりますのでご注意を。

また、出発がランダムだったりなんだりで毎回ホストになれるとは限りません。
譲ってくれる人がいればいいですが、そんな場面ばかりでは無いのが当然のこと。
そんな時は、ちょっと慣れが必要ですがを実行しましょう。

早めにうてば当然自分の画面では弱点に当たらないことが多いですが、
その予測タイミングが合っていればちゃんと怯みます。
ちょっと遅れて怯むそのタイミングがちょうどラグの差になりますので、
そのタイミングを徐々に覚えていくしかありません。慣れです!




また、ソロ向けな武器だけあって、
何も考えずにいるとPTでも独りよがりな戦い方になりやすい気がします。

ソロでは有効な戦い方もPTでは良くない事がたくさんあります。
腹ハメなど、PTの人がまともに部位を狙えなくなるなどなど…。
怯みハメの場合、部位が大きく揺れるので尻尾や頭が狙いにくくなってしまい
結果PTとしての火力が低下なんてことに。

火事場弓なら効率よくダメージを与えることで確かに早くなる事もありますが、
PT戦でやるならPTのメリットを生かす戦い方をしたほうが絶対楽しいですよね?


自分が経験した、PTの力を上げる弓の戦い方のほんの1例をちょっと書いてみると…
  ・
  ・
ペアなどで片方火事場双剣、片方火事場弓

タイミングや怯み値、ホストの問題で火事場双剣でも頭怯みループが出来ないなんて時に
怯ませたいタイミングで火事場弓で補助怯みを起こさせるとハマり、
火力大幅UP(弓も双剣でいけばいいんじゃなんて言ってはいけない!

要はこの場合で言いたいのは、
火事場剣士がいるのであれば弓が補助に回ることで結果火力が乗算されるのではないか、
 ということ。
PTでの弓の立ち位置を色々考えてみるのも楽しいですよ!




他にもヘイトを稼ぎやすい事による問題(突進の誘発等)などもありますが、
その辺はWIKIや色々なところに書いてあると思うので、
書いてなさそうな事だけ書いてみます。

ちなみに、求人では弓は必要とされない場合が多いようなので
書いた事は身内や装備自由系での場合と思っておいて下さい。


あとPT時の小ネタ

・非ホストなら雷光蟲など動きの早い敵なら
 弱点を狙っている途中で当たってしまってもホスト画面ではちゃんと狙ってる敵に届いてます。
 逆に自分が見えてないところで届いていない可能性も…

・雑魚敵の動きの同期は取れていない反面倒したことは同期されるので、
 2人以上いる状態で雑魚敵がうようよいる場合なんかは
  適当に攻撃を出してるだけで敵が倒れていきます。
 「青々とした青」など小さい闘技場でたくさんいる場合なんかはわかりやすいです。

・自分の画面ではそこにいない敵も、
 剣士がランゴなどを倒そうと狙っているあたりを撃ってみると倒せます。
  →自分の画面でもはるか遠くで倒れる。
 ただまじめな目的ではやる価値はないのでネタ。
スポンサーサイト
ソロとPT | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 舞台は整った! | home | 弓の仕様 >>
コメント
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。