MHFのひっそり狩猟日記-弓処-

弓好きがひっそりとブログを書いてみる
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
拡散のお話
拡散のクリ距離とか正直自分も完全に把握してたわけじゃなく、
近くから撃てばおkくらいにしか思ってませんでした。

まぁそれでも問題ないっちゃないんですが今回改めて調べなおしたことで
しっかりとした距離を認識できたのでよかったよかった!

Let's enjoy "拡散" Life!
●拡散弓

3種の中で基本的には
一番火力が高く致死率が高くなりやすいタイプ

※追記~
理論上、2番目に最大ダメージが高く、クリ距離全hitを狙えないことも無い。
理論上の最大期待値はダメシミュから出した最大ダメージに約1.0~0.95倍したもの。
実際には同部位にクリ距離全HIT出来る場面は稀なので
実用的な期待値としては良くて0.9~0.85倍、大抵0.8倍と思われる。 ~※

拡散LV4で横に5本の矢が飛ぶ。
強さは左の矢から 4 5 6 5 4 となるので
最低でも真ん中の3本はしっかり当てたい。(欲を言えば4本
また端の矢(4の矢)のみ
キャラを転倒させる効果
があるので頭においておこう。

他の2種とは戦い方が大きく変わり、もはや別の武器と思っても良いくらい。
立ち回りは完全にではないが剣士に似る事が多い。

個人的には2番目に難しい弓タイプ。



【拡散のメリット】
何をおいても、拡散矢強化による1.3倍の恩恵(他1.1倍)
これにより火事場時の威力は他を圧倒するものがある。

クリ距離の問題から接近戦になるので突進を誘発しにくい。

連射より多少コツがいるものの、
接近することでほとんどの矢を1部位に当てることも一応可能。
火力の高さもあるのでその場合連射をはるかに上回る。

また火事場が出来ない場合でも、
1.3倍の効果により他よりも火力を高くもてる。(火事場は1.5倍)

やたら接近してきて距離をとりにくい場合にも有効。

基本火力が高いので弱点を狙わなくてもなかなかのダメージが出せる。
弱点という弱点がない敵などに有効。



【拡散のデメリット】

何よりも接近しなければならない点。
つまり、敵の尻尾振り回しなどの攻撃の範囲内に踏み込むことになる。
回避できないこともないものの、やはり火事場では安定しない原因になりやすい。

少しでも離れてしまうと矢がバラけてしまうので部位を狙いにくい。

接近すると尻尾振り回しやその類の範囲が広い攻撃をしてくる敵には向かない。

剣士と同じ間合いに立つことになるのにSAが付かない為
PTではこけまくるor邪魔になる可能性も。

他の3種に比べ致死率が非常に高くなる。(敵によっては例外もいくつか有り)
一瞬のタイミングを見切れないと厳しいかもしれない。
(拡散と相性が良いと言われる敵はそこまででもない)



●クリティカル距離

【画像検証】

ゼロ距離(ギリギリ当たるくらいの位置)
拡散0距離 クリ距離外

0.5ステップ
拡散0.5ステ クリ距離

1ステップ
拡散1ステ クリ距離

2ステップ
拡散2ステ クリ距離

2.5ステップ
拡散2.5ステ クリ距離

3ステップ
拡散3ステ クリ距離外


拡散のクリ距離は0.5~2.5ステップ

画像をつなげてみた動画↓
スポンサーサイト
連射/拡散/貫通 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 貫通のお話 | home | 連射のお話 >>
コメント
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。